どうにか回避したい| ジャパンハウジングセンターなら安心!手間をかけずに発見

どうにか回避したい

お金とつみ木

競売を止めるには

車や家電などは、たとえローンが払えなくなっても手放せば済みます。ところが家となるとそう簡単ではなく、現在住んでいるところを追い出されたり、愛着ある住処を取られることは筆舌に尽くし難い想いに駆られます。住宅ローン滞納は誰にでも起こり得ることなので、万が一そうなったときはどうすばよいのでしょうか。銀行などの債権者は住宅ローン滞納を認めるとすぐに督促を出します。そして、一定の時間をおいて有無を言わさず住宅を競売にかけようとします。抵当等で縛られているため抗弁権はありませんが、競売を止める有効な手段が一つあります。それが任意売却という方法です。任意売却することで、競売よりも高い価格で売ることが可能となっています。

迷わず専門会社に相談を

競売は所定の手続きをおこない進められていきますが、開札に至るともう止めることはできません。つまりそのときまでに債権者と交渉して、任意売却を認めてもらう必要があります。住宅ローン滞納者が交渉したとしても難しいので、任意売却の専門会社に依頼するのが良いでしょう。大阪は全国的に見て住宅ローン滞納者が多くなっているため、それに比例して任意売却の専門会社もたくさんあります。もちろん大阪以外の都道府県からも依頼することは可能ですし、物件の所在地が大阪でなくても問題ありません。もし大阪で住宅ローン滞納で困っている人がいたら、迷わず専門会社に相談してみましょう。さまざまな希望を債権者の交渉に折り入れることもできる頼もしい存在です。